北欧・フランスのクリエイターのハンドメイド雑貨を販売するプチデコのブログ www.petitdeco.com
by petitdeco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
ブログパーツ
カテゴリ
全体
アーティスト・クリエイター
もの
パリの日常
デンマークの日常
パリ情報
デンマーク情報
はじめまして
旅行
雑誌・本
イベント
プチデコのイベント
お知らせ
たべもの
petitdeco(プチデコ)入荷情報
お客様の声&写真
未分類
以前の記事
2014年 04月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
more...
ライフログ
お気に入りブログ
麦小舎に暮らす
モンパルナス
木村華子の豆つづり
アマギーズ。
タグ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
デンマークと子育て
コペンハーゲンの湖に白鳥が降り立ちました。
f0088464_41569.jpg


デンマーク滞在中、今年1月1日(めでたい!)に生まれた姪に初対面しました。
f0088464_3522264.jpg

名前はフライヤーちゃん。今年デンマークで人気急上昇の名前だそう。
今年30才になる義妹タビタにとって3人目の子供で、3姉妹になりました。男の子も欲しいそうで、もう早速次の子の話をしています。

コペンハーゲンに行く度に思うのは、街中の環境がこどもの為にあるという事。地下鉄の駅には必ずエレベーターがあります(パリのメトロは階段が多いのでベビーカー移動はかなり大変)。ところどころにあるカフェでも子供達が遊べる小さなスペースが。だから子供達同士で遊んでいる間に、ママ同士でゆっくりお茶している光景を良くみかけます。

そしてデンマークでは、健康のために赤ちゃんを日中できるだけ外気に触れさせるという考えが根付いているようで、びっくりすることに、街中のお家、カフェそしてお店の前で乳母車に乗せられた赤ちゃんがぽつんと置きっぱなし (?)にされています。一応ママはどこかで見張っているようですが、それを見る度に赤ちゃん盗まれるのでは ?と心配になってしまうほど。
フランスでも、日本でも考えられない絵面がここにあります。

それはさておき、デンマークの出生率が右上がりなのは、きっと女性が出産しても職業復帰がしやすいことが理由の1つにあると思います。どこかの統計で女性の出産後の復帰率が80%弱というのを聞いた事があります。職場の環境も良いのでしょうが、それ以外にも有給休暇が1年あり、その1年を父親(最大8ヶ月)と母親どちらでも取れるようになっています。義妹の場合、彼女が9ヶ月取った後、旦那さんのアナスが3ヶ月が休みを取るそうです。こうしてデンマークカップルは育児を分担している人達が多いです。

でも子育ては子育て、カップルとしてお互い愛せなくなったら、すんなり離婚、デンマークの離婚率はかなり高いのです。何才になってもパートナーに恋をしていたい、そうじゃなければ一緒にいる意味がないそうで、意外に熱い血が流れているデンマーク人なのでした。
[PR]
# by petitdeco | 2007-04-30 04:23 | デンマークの日常
プチデコのもの達。
今日は、プチデコの商品を少しご紹介。
まずはRosa Pomerのアニマルドール。
f0088464_5544280.jpg

このおとぼけ顔がなんともかわいいアニマルドール。全ての人形にそれぞれの番号がついている、まさに世界でたった1つの人形です。ロザ・ポマーはポルトガルのリスボンで活躍しているアーティスト。自分の作品とかわいい子供達についてロザが綴っているブログはこちらで読む事ができます。
http://www.aervilhacorderosa.com/

そしてデンマークから大好きなタニヤ・ムラー・ヤンセンの一輪挿し。女の子が縄跳びをしている姿が陶器にプリントされています。
f0088464_5464043.jpg

[PR]
# by petitdeco | 2007-04-26 06:18 | もの
まるみえ
デンマークですごいと思うことが1つあります。
それは例えば、電車に乗って外の景色を眺めている時、ふと家々を見ると、大きなガラス窓越しに人々の生活が見えることです。
町を歩いている時も建物1階の大きな窓から、中の様子が全部見えてしまいます。
テレビを見てる人もいれば、読書している人もいる、そして友人達とディナーしている人も。
デンマークに来て、お家の中の光景が外から見えてしまうことに、かなりカルチャーショックを受けました。「家自体がインスタレーション?」と思う様な、全面ガラスで出来たお家だってあります。私の感覚だと、そんな環境だとリラックスできないのでは?とか思ってしまいます。
プライバシーとかあんまり気にしないのでしょうか?外から見られていると思うと、家の中でもパジャマじゃうろつけないし。それとも反対に「見て、見て!」とアピールしているのか....謎です。

でも日が暮れて、ろうそくを窓辺にともしているアパートを外から眺めるのは楽しいものです。
みんな、中の演出ももちろん、そして外への演出もきちっとしているので、まるでショーウィンドーを覗いている気分になるのです。
[PR]
# by petitdeco | 2007-04-23 06:48 | デンマークの日常
おばあちゃんの交換日記
f0088464_5251259.jpg


皆さん、交換日記をした事がありますか?

私は小学生の時にちょっとだけ。でも結局1年も持たなかった記憶があります。
今回デンマーク滞在中に、旦那が熱心に読みふけっていたものがあります。
それは彼のおばあちゃんがオンナ仲良し8人組で交換していた日記の一部でした。彼女達は1944年〜1996年までの52年間のあいだずっと交換日記をしていたのです!
一部というのは現在8人のうちほとんどが亡くなり、何冊にもなっていた日記をそれぞれの家族でわけあう事になったからです。だから旦那が読んでいたのはおばあちゃんが書いたパートのみ。彼女の学生時代からはじまり、亡くなる3ヶ月前まで生涯書き続けた貴重な家族の宝物です。
その中には結婚のこと、旦那のお母さんを産んだ事、そして孫(旦那)が生まれた事などが記されています。田舎生まれでずっと同じ土地に住んでいた彼女の日常はいたって平凡で、毎日の生活を淡々と綴っています。例えば雪が降ったので馬ぞりに乗った事とか、近くの町へ出かけてへとへとになって都会には絶対住みたくないと思ったこととか。
彼女たちは仲良し8人組だったけど、結婚後1度しか集まることはなかったそうです。
だけど、お互いの近状を何でも知っていた仲良し組でした。
最後の日記では、おばあちゃんが癌に侵され、医者から手のほどこしようの無い事を告げられます。家族の皆が落ち込んでいる時に、彼女は日記に「色んな良いことが人生であったから、悔いはないのよ。」と記してあります。
一度も会うことはなかったけど、とても素敵な女性だったんだろうって思います。
f0088464_523310.jpg

[PR]
# by petitdeco | 2007-04-19 05:28 | デンマークの日常
デンマークの美味しいもの。
デンマークに滞在3日目。ギレライというデンマークの最北端の町に住んでいるフレミングのお母さんのお家に滞在させてもらっています。この港町はデンマーク人もバカンスに訪れる避暑地なんだそうです。
こちらに来てスローライフを満喫し、食っちゃ寝を繰り返している毎日。食欲がすごいことになっています。そしてなんだかいつも眠いです。
今日はデンマークの伝統的なランチをいただきました。友人にいつも「デンマークではどんなものを食べている?」のと聞かれるのですが、私の答えは「黒パンにおかずをのっけて、ナイフとフォークで食べるの。」。なんだか美味しくなさそうとつっこまれるので、今回は写真を撮ってみました。

1枚目の写真、レオはいつも一番最初にテーブルにつきます。
f0088464_22161795.jpg


こんな感じでパテ、ソーセージ、チーズ、サラダ等がテーブルに並べられました。
f0088464_22174311.jpg


お皿にのっているのは、黒パン、そしてニシンにスクランブルエッグ。自分で好きなものをトッピングします。
f0088464_2218574.jpg


おかわりの写真。今度はニシンのカレーソースとトマトで。
f0088464_22183392.jpg

このあともう1回おかわり。ミートボールとズッキーニのピクルスをのせて。
こうやっておなかがいっぱいになるまで、永遠に黒パンをしいて、おかずを食べるんです。
このニシンと黒パンの組み合わせは結構やみつきになります。うなぎのスモークしたものも絶品!是非デンマークに行ったら試してみて下さい。
[PR]
# by petitdeco | 2007-04-15 22:40 | デンマークの日常
デンマークへ
デンマークに滞在中です。
旦那と怜音は数日前に出発していて、昨日私1人で遅れてデンマークに飛び立ちました。
風が強くてコートがかかせない天気だよと言われていたので革ジャンを着て空港に着くと、とても暖かくTシャツ姿の人もいてびっくりしました。旦那は私が太陽を持ってきたなんて言ってましたが、半袖もってくれば良かった...
昨日は怜音をデンマークのお母さんに預かってもらい、旦那とコペンハーゲンを散策しました。
まずAlma cafeというカフェでランチ。
クランベリージュースを飲みました。こちらは無農薬ジュースです。デンマークには無農薬の飲み物がいっぱいあります。ビールだって無農薬のものがあるんです。
f0088464_019105.jpg

カフェがある場所はIslands Bryggeという界隈で、昔は工場街で労働階級の人が多く住んでいたエリアだったそう。数年前からアーティストやクリエイターが集まる場所となり、それとともに多くの若い人達が移り住んで来ました。小さなビレッジとも言えるこの場所はコミュニティー意識が強いのか、カフェにいる人達は常連さんらしく、挨拶を交わしている。
そこで、たまたま旦那の幼なじみと会った。彼女はカメラマンで、2、3年前にこのエリアに引っ越してきた。びっくりしたのが、彼女の住んでいる建物は未だに暖房設備がなく、昔の人がそうやっていたように暖炉で部屋を暖めるんだそう。そんなプリミティブな生活をするのがとても楽しい様子。
午後はゆっくりとショッピング&リサーチ。幾つかおもしろそうなアーティストも見つけました。いずれプチデコで紹介したいと思います。
[PR]
# by petitdeco | 2007-04-15 00:43 | デンマークの日常
ピア・バストロップの陶器
朝食を食べてたら光が良かったので、写真を撮ってみた。
ピア・バストロップの陶器は、光がやさしく差し込んでくる日にとても美しい器に変身する。
それは、この器が光が透けて通るほど薄くつくられているから。
守ってあげたいと思うほどの華奢な風貌。でも陶器の力強さも兼ねている。
フルーツ入れとして使っている器と、ティーカップ&ソーサーを撮ってみました。
f0088464_18432585.jpg

f0088464_18435496.jpg

f0088464_1932399.jpg


おまけで、怜音がヨーグルト瓶に絵を描いた作品も撮影。色合いがいい感じ。
f0088464_18491972.jpg

f0088464_18494430.jpg

[PR]
# by petitdeco | 2007-04-12 19:07 | もの
今年初。
パリはお天気のいい日が続いています。
明日月曜日はイースターなので、長い週末を利用して沢山のフランス人が旅行しているようです。
家のまわりはとてもひっそりとしています。

一昨日は2才半になる息子怜音(レオ)の為に、庭に小さな砂場をつくりました。
f0088464_2034548.jpg

砂や水で遊ぶのが大好きな子。大喜びです。

そして夜は今年初バーベキューをしました。4月にバーベキューって気が早いですが、友人2人たくさんの食材をかかえて遊びに来てくれたのです。皆でソーセージやステーキをもりもり焼いて、ワインを飲んでおしゃべり。
日が落ちて、だんだんと寒くなってきたので、デンマーク式に毛布を持ってきてくるまりながら外でまたお喋り。そう、デンマークでは初夏、カフェでブランケットの貸し出しをしている所が多いんです。寒いけど、外にいるのが気持ちいい。特に北欧は夏が短いので、こんなアイデアが出るんでしょうね。
今年はいっぱいバーベキューをするぞと誓った日でした。

f0088464_20424538.jpg

f0088464_20502066.jpg

[PR]
# by petitdeco | 2007-04-08 20:56 | パリの日常
プチデコオープンしました。
プチデコ念願のショップオープンです。
はじめまして、プチデコを運営している千々和 真弓です。フランスに住みはじめて12年になります。

ショップをオープンするきっかけになったのは、主人の故郷デンマークに何度も足を運んでいるうちに、「家をいかに居心地の良い空間にするか。」を意識するようになってきた事がはじまりでした。

デンマークは冬が長いので、「家」という空間をとても大切にします。
訪問した友達の家、家族の家、それぞれにスタイルがあって、置かれているモノ達が空間を演出してる。
そんな空間を見ているうちに私もすっかりそのモノ達のとりこになってしまったのでした。

もちろんデンマークは格式と歴史のあるヤコブセンやロイヤルコペンハーゲン、ホルムガードなど世界的に有名な名前は数々あるけど、現在その伝統を引き継いで活躍している若いアーティスト、クリエイターも沢山います。

彼らのつくるインテリア雑貨を日本に紹介し、実際に触ってもらいたい、見てもらいたいと言う気持ちからプチデコがスタートしました。
もちろん住んでいるフランスにも沢山の個性を持ったクリエイターがいます。

スタートしたばかりの小さな所ですが、勉強しながらがんばって運営していきたいと思います。
よろしくお願いします。
[PR]
# by petitdeco | 2007-04-04 06:21 | はじめまして
Tonkipu
トンキプ by サブリナ
f0088464_1737151.jpg
ちょっと恥ずかしがりながらも、最新&最愛のトンキプと一緒にポーズをとる人気クリエーターのサブリナ。トンキプの着ているジャージ、水色とオレンジの組み合わせがいい味を出している。
f0088464_1742434.jpg
アトリエで仲良く並んでいるトンキプ達

誰もが、サブリナのつくるぬいぐるみを見ると思わず笑顔になる。愛らしい動物のような、人間のような、宇宙人のようなそのぬいぐるみには、Tonkipuと言うとぼけた響きがよく似合う。はじめて彼女がTonkipuをつくったのは、愛する息子のマリウス君のためだったという。マリウス君がすぐに夢中になってしまったのも納得してしまう、なんともいえないこのほのぼのした人形が、彼女の人生を変えることになったなんて、彼女もそのときは想像もしなかったと思う。

More
[PR]
# by petitdeco | 2007-03-14 19:00 | アーティスト・クリエイター